救急車

脳卒中で倒れた時、深夜だったので生まれて初めて救急車を呼んで病院まで運んでもらったんです。
そういう経緯もあって、なんやかんや思いながらも今の主治医には深夜に診てもらったことを大変に感謝しております。
それはさておき、あれから救急車のサイレンの音を自然と意識するようになりました。
それで分かったんですが、救急車のサイレンの音を聞かない日がありませんね。
いつも誰かがどこかで倒れ、病院まで担ぎ込まれていて、かつてそのうちの一人が自分だったという圧倒的なリアル。
その上で失礼なこと書きますけど、救急車の人(たぶん救急救命士)って意外と攻撃的ですよね。やっぱりピリピリするんでしょうか。自分、救急車に乗せてもらった時はほぼ麻痺が治っていたから、軽症のコンビニ受診だと思われていたのかもしれませんが。

広告を非表示にする